商品パッケージの持つ様々な役割

パッケージで商品を保護

商品パッケージが持つ役割は様々ありますが、そのなかでも大事な役割は商品の保護です。消費者のもとに届くまでパッケージの中にある商品の品質を長期間維持する事は提供する側にとって当然のモラルと言えます。そのためパッケージ、つまり容器や包装に包まれているわけです。

商品を害する要因は大まかに2つあります。

1つは外部の衝撃や熱など自然的な害、もう1つが異物の混入や人の悪意やミスによる外部的な害です。前者は流通の際に発生する事が多いため、それを防ぐためにパッケージの材質やサイズなどにこだわって開発されます。またパッケージでは防げなかったり流通の利便性を高めたりなど様々な要因でダンボールといった専用の箱に入れて守られるケースは珍しくありません。

しかし外部的な害からの保護は難しいです。

製造の段階やパッケージの欠陥で異物が混入するケースは現在でも報告されており、人の悪意やミスによる害は度々発生しています。実際に昔、パンに針を混入する事件がいくつも起こりました。自然発生的な異物の混入はパッケージの向上や製造の管理の厳格化などの工夫で防ぐ事はできますが、人の悪意による害は難しいと言えます。

 

パッケージデザインの役割

商品の情報を伝えるのはパッケージデザインの役割

デザイン性と言えば商品の保護にも欠かせませんが、真の真骨頂は商品の情報の提供にあると言えます。

商品を提供する側にとってのメリットは消費者の購入です。それを上げるためには消費者の印象に残るようにアピールしなくてはなりません。チラシやウェブサイトなど商品の情報を伝える場は多いですが、商品そのものに情報を付加させる手段ほど優れたアピールはありません。そもそも現在の法律では商品に必要な情報を提供する事が定められています。例を挙げるとバーコードや商品の説明書きなどです。

これらを踏まえて商品の保護とともに情報の提供できるデザイン性を作らなくてはなりません。それがデザイン性の原点的な役割です。