パッケージデザインやラベルデザインの制作を依頼するときの注意点

パッケージデザインやラベルデザインは商品の第一印象決めるとても重要な要素です。これらのデザインいかんで売り上げが変わってきます。ただ、いざ商品パッケージデザインやラベルデザイン制作を依頼する時、何を重視すべきか・どんなことに注意点があるのかは、意外とわかっていない人が多いです。依頼する前にまとめておくべきことにはたくさんの要素があります。まず、基本的な情報を具体的にまとめておかなければいけません。いつ・どこで・誰が・どのように・どうしてなど、商品を販売する元となるマーケティング情報を共有しておけば、制作側の意図にあったパッケージデザインやラベルデザインに仕上がりやすくなります。競合他社の商品よりも好印象を消費者に抱かせるためには、該当する商品を資料として用意しておくと良いです。デザイナーの視点から見て差別化のポイントを具体的に検討することが簡単になります。

差別化を生むパッケージデザインについて

実際に商品を手に取る消費者の立場からすれば、同じような商品パッケージだと違いが分かりません。似通ったコンセプトの商品ならば並べて陳列されることも想定するべきです。パッケージデザインで差別化ができていると、近くにあっても目立ちお客様に届きやすくなります。依頼をする人とデザインをする人のコミュニケーションは、最も大切な要素の一つです。パッケージデザインやラベルデザインはデザイナーのセンスだけで決まりません。その過程でとったコミュニケーションの量と質だけ良くなると考えるべきです。その際気をつけるべきことは、抽象的なイメージと合わせて、より具体的なやりとりをすることです。抽象的なイメージのみだと相互認識にズレが生じ、完成間近になっても意図することが伝わっていないという事態はあり得ます。デザインの制作を依頼する時、優先順位をはっきりさせておくことも重要です。デザイナーに伝えたい情報は多くなりがちなので、優先順位をつけておけばお互い話が通りやすく、ストレスを軽減させることができます。

パッケージデザイン の作成依頼