パッケージデザインやラベルデザインの制作を依頼する場合の注意

パッケージデザインやラベルデザインは商品の印象を決める非常に重要なものです。そのため、外部の業者に制作を依頼する場合には充分にその意図を伝え、相手がその内容について十分に理解したことを確認してから制作に着手することを依頼する必要があります。一般的にパッケージデザインやラベルデザインを行うデザイナーはデザイン性を重視する傾向があり、非常にインパクトの強いデザインを行うことが多いものです。しかしこれが商品の内容やその用途について十分に表現をしていないことも少なくありません。

消費者に対して商品を手に取って見てもらうパッケージデザイン

消費者に対して商品を手に取って見てもらうためには他のものとは異なる奇抜なデザインを行うことも1つの要素となりますが、その内容について一目でわかるようなものにしないと様々なトラブルを生んでしまうことも多いので注意が必要となるのです。古くはビールのデザインに子供のジュースのようなイメージを貼り付けたために子供がジュースと間違えて購入してしまうと言う問題が発生したことがありました。これはテレビCMのイメージをそのまま表現したものとなっていますが動画とパッケージとでは与える印象が異なるため一目でその商品のイメージを伝えるためにはそのデザインが一致していなかったと言うことによるものです。そのためラベルデザインやパッケージデザインを行う際にはこのような誤解がないように商品の内容についてしっかりと表現をする必要があります。さらにパッケージデザインやラベルデザインを行う際には商社が色や形に持つイメージを十分に認識した上で利用することが重要です。赤は血の色を連想させ、黒は闇を連想させることから赤い色を使用する場合には情熱的なイメージを持つと捉えられることが多いものです。また黒は非常に力強い印象与える反面、暗いイメージを与えてしまうことも多いので商品のイメージとしっかりと合わせて利用することが必要となります。デザイナーは単に自分が好きな色と言うだけではなく消費者に与える影響を充分に考慮しながらパッケージデザインやラベルデザインを行うことが必要となるのです。