パッケージデザインやラベルデザインの制作を依頼するには

パッケージデザインやラベルデザインの制作を依頼する上で、いくつか知っておきたいポイントがあります。どのようにして依頼を行えばよいのかは初めてだと分かりにくいこともあるため、次の点を意識して依頼をするようにしましょう。まず大切なのが、パッケージデザインやラベルデザインのイメージを明確に決めておくことです。パッケージデザインやラベルデザインは特定の商品の印象を大きくイメージ付けるものとなりますから、この点は特に重要です。その商品のイメージカラーは何か、上品さ・馴染みやすさ・シックな感じなどどのような雰囲気を持った商品なのか、事前に決めておくようにします。商品のターゲット層や年齢も重要です。これらを踏まえた上で、その商品を表すイメージを固めるようにしましょう。

パッケージやラベルに記載するべき情報について

続いて、パッケージやラベルに記載したい情報をまとめておくことも重要です。必ず記載しなくてはならない情報としては、商品の名前のほかに、食品であれば使用成分・原料・賞味期限や消費期限などが挙げられますが、それ以外にも商品の内容をパッと見て分かるようなシンプルな宣伝文句があった方がよい場合があります。宣伝文句は長すぎてもイメージが伝わりにくくなりますし、パッケージやラベルに分散して乗せすぎると、本当に伝えたい内容にブレが生じて分かりにくくなります。このことを考慮して、最も買い手に伝わりやすい内容は何か、どのような言葉を使えば良いのかなどを考えておくことが大切です。以上の2点が、パッケージデザインやラベルデザインの制作を依頼する際に重要となるポイントです。文字やデザインの大きさや配置などの具体的な内容はプロのデザイナーに任せることもできますが、商品に抱かせたいイメージなどはこちらの要望を伝えるほかありません。そのため、パッケージデザインやラベルデザインの大体のイメージと、記載したい文字などの情報を事前によくまとめておくことが重要です。