パッケージデザインは売り上げを左右する!?

パッケージデザインの重要性

商品さえ良ければ売り上げは上がると考えがちですが、必ずしもそうとはいえません。 悪いものが売れるということはないにしても、良いものが多くの人に知られることなく売れなかったということは珍しくありません。

どれだけ素晴らしいものであっても手にとって使ってもらわなければ良さが伝わりませんから、まずは手にとってもらうことも重要なことになります。商品の品質に力を入れすぎてパッケージデザインを疎かにしてしまうという話はよくあることであり、パッケージデザインの重要性を理解しなかったばかりに、せっかくのすぐれた商品が埋もれてしまうことになるのです。

 

良いパッケージデザインはブランド構築に貢献

商品の宣伝も販売活動の一つ

優れた商品を売るためには、宣伝にも力を入れるべきであり特に商品の第一印象を決めるパッケージデザインというのは力を入れなければならないポイントになります。 商品が優れているのにパッケージデザインが安っぽかったり、品質が悪そうに思えてしまうと消費者はその時点で購入の候補から外してしまいますから、せっかくの良い商品が台無しになってしまいます。 パッケージデザインと品質というのは関連性のないものですが、消費者はパッケージを見て品質を勝手に判断をしているところが大きいため、手に取ってもらうことができるデザインでなければ売上は伸び悩んでしまうことになるのです。 そのため、見た目で消費者に訴求をすることができるデザインを作ることは、商品の品質を高めることと同じぐらいに重要なことになってきます。

 

良いパッケージデザインはブランド構築に貢献する

また、優れたデザインで商品が売れればそれがブランディングにつながり消費者の心理的に、このパッケージはメーカーは良いものを販売していると考えるようになります。 そのような状態になると同じぐらいの競合製品があってもブランディング効果によって無条件に選んでもらうことができますし、別の商品の場合にもあのメーカーが販売しているものと言う印象を植え付けることができればマーケティング上非常に有利になります。 たかがパッケージデザインと思いがちですが、売り上げを左右する大きなポイントだということを忘れてはならないのです。

商品パッケージの持つ様々な役割

商品パッケージが持つ役割は様々ありますが、そのなかでも大事な役割は商品の保護です。消費者のもとに届くまでパッケージの中にある商品の品質を長期間維持する事は提供する側にとって当然のモラルと言えます。そのためパッケージ、つまり容器や包装に包まれているわけです。

広告デザインを外注する前に社内でまとめておいた方がいいこと

広告デザインを外注するときにはいきなり外注するのではなく、事前に社内でまとめておきたいことがあります。一人の責任者にすべてを任せてしまうというやり方もないわけではありませんが、その場合にしても事前に社内である程度のことをまとめておかないと完成した後になって揉めるということは珍しくないため、注意をしておきましょう。

商品名をロゴマークにすることで、ブランド力を高めよう

商品名をロゴマークにすることでブランド力を高めることができます。商品名という名称、つまり言葉だけでも覚えてもらえるかもしれませんが、それだけではどうしても印象が弱いです。人間が記憶するものは当然ながら言葉だけではありません。何か形のあるもの、あるいは色、文字の大きさやサイズといったデザインを含めることで印象強くなるのです。

商品パッケージやラベルのデザインはプロに任せよう

商品パッケージやラベルのデザインを素人が行うのは、できないわけではありません。どのようなデザインにするのも自由ですし、最近はすぐれたデザイン制作ソフトがたくさんありますから、プロに頼まなくてもデザインをすること自体は難しいものではないためです。

 

Links

パッケージデザイン作成依頼

パッケージ・ラベルデザインのPACK LABO

ロゴ制作料金

ロゴデザインはLOGOLO

パンフレットの制作・デザイン依頼

印刷・デザイン外注はASOBO DESIGN